Apple純正のディスプレイにぴゅう太の画面。 すごく妖しい(^^;; 実は、パワーマックのコンポジット入力にぴゅう太の出力を繋いだらしい。 見た目、HDD、MO、スキャナー、スピーカーが繋がっている ぴゅう太に見えるところがポイント。

 ぴゅう太画像1  ぴゅう太画像2  ぴゅう太画像3  ぴゅう太シリーズ勢揃い  ぴゅう太カタログ画像

 1982年8月20日に定価49800円でトミーから発売された、れっきとした16ビットパソコンです。 CPUは TMS9995 で、ROM は20KB RAM が16KB で、何と言っても、日本語G-BASIC という日本語BASICが売りでした。 例えば、命令として、ハンテイ、イケ、カケというように、命令が日本語なのです。 すごくバカっぽくて最高です。 その後、ぴゅう太のゲーム機能だけに限定した、ぴゅう太Jrが1983年に24800円で発売され、1984年には、パワーアップして、ぴゅう太mk2が発売されました。(定価は、29800円?)


ぴゅう太とは?

代表作ボンブマンだぁ!!

モンスターイン

スクランブルも熱いぜ!!

  ナイトフライト!!

  マリンアドベンチャー!!

  ミッションアタック!!

 ドンパン!!

 アスレチックランド!!

 プーヤン!!

 Mr.Do!!

四人麻雀!!

 スーパーバイク!!

日本語Gベーシック



戻る